Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

We Will Rise

25
2016  20:06:09

ギフテッド

「セクシャル・フルイディティ」を調べてて、
「ギフテッド」という言葉を初めて知った。

「ギフテッド」と「セクシャル・フルイディティ」は結構、被るらしい。
欧米などでは「ギフテッド」の子供達用の
教育を行っているそうだが…

スピで言う「インディゴ」とか「◯◯チルドレン」と被る。
全く一緒なのかどうかは、分からない。
が・自分が『ギフテッド』の特質をえらく持ってるのは分かる。

wikiより↓
ギフテッドとは、先天的に、平均よりも、
顕著に高度な知的能力を持っている人のこと。

1993年、アメリカ教育省は、
「ギフテッドとは、同世代の子供と比較して、
 並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである」
と定義している。
ギフテッドにおける高度な知的能力の傾向は、
誕生時点から、生涯にかけて見られる。

ギフテッドは、外部に対する世間的な成功を収めることではなく、
内在的な学習の素質、生まれつきの学習能力を持つことを指す。

ギフテッドは自ら常に多様な「知的刺激」を切望して満たし、
自分の好みの学習方法で、
自分の興味のある分野を極めて深く掘り下げて探求する傾向にある。

ギフテッドは、 タレンテッドという言葉と併用され、
ギフテッドが、全般的、学術的な才能を指すのに対して、
タレンテッドは、芸術的な才能を持つ人物を意味する。

「知性、創造性、芸術性、リーダーシップ、
 または特定の学問分野で高い達成能力を持ち、
 その能力を十分に発達させるために、
 通常の学校教育以上のサービスや活動を必要とする子どもたち」

一般的にギフテッドは、IQ130以上らしいが、
「タレンテッド」など全てに当てはまるわけではなく。

私は精神科で知能検査受けたとき、
確か115ぐらいの平均値だったと思うけど、
右脳分野のほうが高くて、
左脳分野と平均して下がったと言われた。
確か。

IMG_2508_201609240052138c8.jpg

「クラスで優秀と言われるような勉強が出来て万人受けするタイプではなく、
 内に秘めた想像力(創造力)や霊的能力、哲学、
 情報分析力を武器としているのがギフテッド」


クラスとかで仕切るのは「優等生タイプ」。
誰が見ても、先生や大人から見ても、
(あるいは上司から。クリエイティブ業じゃない限り)
高評価を受ける。

ジャッジ、正論の押しつけ…
好きじゃなかったけど、優等生。
まあそれは「プライド」かもしんないけど。

コミュ障傾向や自信のなさのオドオドゆえ、
過小評価され、言いたいこと言われてた昔。

コミュ力高くて(Mとかもだけど)
テキパキ、シッカリ、アピる人を、人は評価するから。
性格の「キツイ」人とか。
じゃないと『劣等』扱いされるから、
それで皆、プライド育てるんだ。

自分に対して「不当な評価」した人達に対して、
今更ながら怒りが湧く。

欧米では色々議論されてるようです。

「ギフテッドは、rain forest(熱帯雨林)のように複雑で、
 とても神経が敏感でインテンスであり、
 人間として色んな側面や深さを持ち、
 そして誤解されやすい傾向にある」


何か、泣けてくる。
分かってもらえなかった、誤解されてきた、って思いが強いから。
「見かけ」「表面」だけで判断されてきたから。

1_201609251509337f8.jpg


「彼らは好奇心が強く、理想主義で優れた知能を持ち、
 クリエイティブで完璧主義、
 そして『学ぶこと』をこよなく愛します」



ギフテッド・アダルトの特徴↓

■高い道徳のスタンダード

「ギフテッドの人は、善悪(何が正しくて何が間違っているか)の感覚が強く、
 又、人がどう扱われるべきかといった概念もしっかり持っている。
 その為、人が他の人や動物、又は環境などに対して
 不当な扱いをしているのを見るのが耐えられない」


道徳心や善悪意識というより、
不当や差別には強い怒りを感じる。
イジメも不平等も大嫌いです。
どんな理由があれ、それを許したくはない。
善悪ではなく、相手の苦痛を知りながら、それを許す感覚を疑う。
動物虐待者は同じ目に遭え、と思う。
川に工業廃水や家庭用廃水が流れるなど、
美しい景観を壊していく「開発」は、見るに耐えず。
思春期以降は、戦争が許せない。


■興味関心分野に対する情熱的な献身

「心が動かされるものに対して簡単にエネルギーを注ぎ込み、
 没頭してしまう」


心が動かないものには力を注がない。
好きなことは「無駄」とも言える、多くの時間かける。
このブログもその1つ。
普通の人が汗水たらして働いてるときに、
経済活動とは全く関係のないことしてていいのか?自分、
ていつも思う。


■独立心が強く、従者にはなり難い。

「集団の中での行動が苦手で、プロセス、又は不能なリーダーに対しての
 辛抱強さが欠けている事も。 
 権威のある者に対しては”権威者だから”と自動的に感服するのではなく、
 その個人の”人間性、そのものの姿”を見る傾向にある。
 社会的地位やポジションではなく、個人の”ギフト”(特性)に価値を見いだす」


基本的に権威者は嫌い。従うことも嫌。
日本人にありがちな集団同調圧力、良い子追従も、かなり。
いくら尊敬しててもフォロワーにはならない。
不能のリーダー、だいぶ前の職場で腹が立ってて、
そいつの不正をバラしたことがある。
不能の上に不平等で。


■内部、外部の刺激に対してとても敏感である。

「順応しているかどうかに関係なく、視覚的、聴覚的、精神的、感情的、
 身体的、または精力的な刺激に簡単に圧倒されやすい」


小さい頃から神経過敏、センシティブ。おおらかな反面。
脅されるとすぐ吐いたり、暗示にかかった。
「平気なフリ」を貫いてきたけど、内心、
えらい傷つきやすく、いつも心が砕けていた。
下血、嘔吐、自律神経失調症、便秘、肥満など、バランス崩し。
キツイ言葉、トゲのある言葉、それに耐えられなかった。
毎日傷ついてた。

目隠ししないと眠れない。
ちょっとした光などに反応してしまうから。

平衡感覚が弱い。目からの刺激も弱い。すぐ酔って、吐く。

皮膚が弱い。打撲した覚えもないのにアザが出来てたりする。
昔から「痛がり」で、髪を梳かされるのも痛くて嫌だった。

味覚も敏感だと思う。
化学調味料の味も嫌、品種改良作物も、何かが薄くなるから嫌で、
もちろん農薬などで味が薄く、まずい野菜も苦手。
だから親に引き取られ、食材をスーパーで買うようになってからは、
野菜は全く食べなくなり、ご飯もろくに食べなくなった。
→食べられる物がなくて、菓子に逃避。


■何かに携わっていないと、鬱や退屈な状態に陥ってしまう。

「ギフテッドの人にとって、世の中の多くの物事は、
 単なる”ノイズ”と感じる為、無駄な刺激は避けるべきである。
 だけどもギフテッドにとっては情熱を感じる分野での刺激が必要である。
 これらの適切な刺激が欠けている場合、
 彼らの”ギフト”が自身の敵となりえる場合もある」


全くその通りです。
そして情熱的を注ぎたくても、私の苦手な人間関係が仇となって、
(会話が疲れる等)
バンドもなかなかスムーズに進まず、きちんと注げなかった。

「何に情熱を注げばいいか分からないから、
 バイクで(吐いて倒れるまで)旅をしてるんだね」
と「出雲旅」で言われたが、
ツーリングで限界?まで体力使ってガス抜きしないと、
自分が壊れそうってのはある。


■皆と違っているので自分は何かおかしいのではないか?と感じる。

「マイノリティとして生きていく中で、
 他人と自分を比較するのをやめる事は決して容易い事ではない。
 エネルギーのレベルや友人の数、活動レベル、
 性格など、つい他人と比べてしまいがちになる」


昔はそうだったが、これはクリアした。
高校時代にHC聴いて「間違ってるのは自分じゃなくて世界じゃないか」
と思って以来、自分がおかしいとは思ってない。
周りと比べて「自分は劣ってる」とジャッジしたときに卑下が発生し、
そのことでも私は、自由な自己表現ができず、
時間を無駄にしたから、もう懲りて止めた。
ナンセンスだとから。
自分の個性と他人は全く違う、比較なんて出来ない。


■内面的な対話や思考、想像などが磨かれている。

「映画を観たり、本を読んだり、講義を聴いたりした時、
 又は夢についてなど考えたり感じたりする時などいつでも、
 ギフテッドの人達は豊かな内面の対話や想像の世界を持っている」


音楽聴いたり、歌詞を読んで一人感動し、
でも絶対こう感じてる人はいないだろうなぁ…と思ってきた。
子供の頃から、何でも楽しかったし、
親の精神虐待、学校のイジメなど、
諸々の辛い時期を乗り切ったのも想像力のお陰。
絵本や、絵ら粘土などで表現してた。
旅の計画立てるときも「まだ見ぬ地」を空想して、
心躍ってたので、真逆のMに驚き。

「この温泉はクリスタル鉱床を通って来てるんだ」とか、
「この温泉の地下にはラジウム鉱床が!」などと思うと、
ロマンだし、すごく浮かれる。

41470911.jpg

「ウラン鉱床」なんて聞いた日には、卒倒級だね。
(勿論、劣化ウラン弾は撲滅しなきゃないが)
人形峠の(こだわってます私)「ハチの化物伝説」は、
絶対「ウラン」で巨大化したハチなんだと思う(興奮)

IMG_7210_201609251604181fc.jpg

人形峠のちょい上に有名なラジウム温泉「三朝温泉」

IMG_7246_2016092516042127b.jpg

世界的にも珍しい「トロン泉」はここだけ!

IMG_7226_2016092516041997b.jpg

直接岩から自噴、鮮度も抜群、美味しそう…
2013年「出雲旅」にて。こちらの宿も足元自噴↓

IMG_7310.jpg

ミササラドン。

IMG_7180_201609251605217eb.jpg

Mには「自分でも知らずに、内観してるんじゃないか」
と言われるけど、そう思う。
「内観しよう」と思って「内観してる」わけじゃないと思う。
自然に「内観」のほうに、行ってしまう。

だからMが「ある一線から深く掘り下げられない」ってのが不思議。
潜在意識層まで行くのが難しいらしい。
私は夢を始め、潜在意識の意味不明なモノがときどき噴き出すし、
裏側を見るのに、そこまで壁はなくて。


■物事の根本を見る事が出来る。

「物事を深く考え、探求したり、発祥地を探ったりする傾向にある。
 自らの興味関心分野において、相互関係の因果的レベルを見る。
 それは人間同士の相互関係であったり、病原体であったり、
 交戦国についてであったり、色に対する基本的な面であったり。 
 ギフテッドの人は、本質が存在する場
 ー”物事が形成される以前の場所”ーを認識している」


これは、よく分かる。
そしてそこが一番重要だと思う。
DURAN DURANからPUNK→HCに行き着いたのも、
ルーツを探り掘り下げたからだし。
好きなアーティストの影響を受けたバンドを聴き、
さらにそのアーティストが影響受けたものを聴き、
「未知の音」を求めてった。
自分の「聴ける範囲・好みの範囲」を越えて探った。

アンダーグラウンド・ミュージックというのは、
「追及型」じゃないと行き着かない世界だし。
普通に暮らしてたら入って来る情報じゃないので。
自称音楽好きな人も、メジャーとの一線辺りのバンド止まりなのは、
「いくら内観を頑張っても、潜在意識まで掘り下がらない」
のと同じような気がする。

ハマると根源まで調べる。
身体壊す→治療法探す→マクロビ+諸々って流れも、
探究心ゆえだと。
医者と病院の診断だけで終わるかっての。
本気で治したかったから。
「食品業界の裏」とか「医療業界の裏」とかも、知りたいから調べた。

ビーガン料理など、その「創意工夫」に感動した。
あの創意工夫を見てると、世界が広がるから、
VEGANやマクロビやローフードで「食べ物が制限される」
という感覚が分からない。
巷に溢れてる料理の方が、ワンパターンで、ルーティーンで、
創造性がないと私は思う。


NY HCの大御所ジョン・ジョセフもVEGAN。
スピリチュアル師匠はクリシュナ。VEGAN料理、私よか上手い。
未だにハードなステージこなせるのは彼が健康的だから。


ジョン・ジョセフ同様、音楽は重要だ。
私にとって。闇に光をもたらす。
正しい方向へ導いてくれる。


日本も早くこうなって欲しい。
「ヤサグレ」だからって、(自分に)悪いことするのがカッコイイ反抗みたいな、
日本はいつまでもそんな感覚あるけど、
それはただの「馬鹿」ですからね。

温泉好きが嵩じて、「野湯」「油臭マニア」なのも、
私の凝り性の1つ。



青森県 桜温泉。軽い油臭ってかモール臭だと思うけど、
このお湯、美味しそうでまた行きたくなった。

この薄にごりの色や泡立ち、あふれ出る豊富な湯量のお湯を見てると、
ウットリすんだよね。入りたい。



青森・椿山温泉野湯。
ここ前に行ったけど、そのときはお湯全然なくて、入れなかった。


迷彩パターンでは、現在の多種多様なパターンの中でも、
「デザート・タイガーストライプ」が最高。
現行のデジタルタイガー、空軍ABU迷彩もいいけど。
数ある戦闘機の中でも、ステルス以前の、
可変翼機「F–14」「Su-33」が好き。



↑こちら『女性パイロット』F–14乗り。
F-14は、複座なんで、女性2人組みですね。

 
マーベリック(トム・クルーズ)と、グースの時代は80年代で終わってた!
トップガンも90年代には、女性が活躍してたようで。
「航空大学校」を志望校に入れた埼玉Cしか分からんネタ。
空から見たら小さすぎる空母に着艦するなんて、
スゴ腕じゃなきゃ出来ません。
しかし「F–14 TOMCAT」は退役機だから、もはや。
誰か買い取って……

ロシア産スホーイ33。ブルー塗装がいいなあ。



シュイーンてジェットエンジン音聞くと興奮する。
排気口がキュッと開いて、アフターバーナー吹くのが、たまらない。

 
本気でゾクゾクするんですけど。
私はスピードに興奮するトコがあるので。
Mは心臓がハカハカして、頭が痛くなって嫌だと言う「ブラスト・ビート」も、
私はこう、何かが目覚めそうになって。
目覚めのブラスト。

アクセル一気に開けそうになる自分もいるから、自制してるけど。

本気で乗りたいと思ってた。(今も乗れるなら乗りたい)
バイクのエンジン音にも似てる、ジェット・エンジン音。
よくバイク好きな人は『ドドド』言わなきゃイヤダって言うけど、
私はジェットエンジン音みたいな『シュイーン』が好き。

そして「音速」、音の速さを超える!



↑この、ソニックブーム出るほどのスピードを
体感したいと思うのは私だけでしょうか?
ロボット乗りたいが嵩じたんだと思う。
今の世でそれに一番近いのは戦闘機だと思ってる。


車は、地べたを走るんで制限されてしまうけど…
180sxは最高だったのに廃車(泣)
「時速」に戻りますが、



私の「スピード狂」傾向って…

86がモデルチェンジして少しカッコよくなって、
値段もまあまず…って感じだけど、今の私にはローンすら汲めず。
Aさんが車変えるから、タダでくれるという。
ちなみに。
乗り物は、環境破壊するばかりですが、
好きなので大目に見てる。
フリーエネルギーの車やバイクなど開発されることを願う。
ついでに戦闘機も民間に…

IMG_9569s_20160924005442abe.jpg
 こちらはモデルチェンジしたやつではない。前の。

何の話?
『凝り性』の話。

アイヒマンを絞首刑にした「モサド」を最近調べたり、
興味持つと、ある程度まで深く調べてしまう性。
子供時代の憧れの一つ、スパイのイメージが崩れたときには(高校時代)、
CIAの対外工作について調べたし。

CIAは国内活動出来ないから設立されたNSB、
国家保安部、9.11以降に出来た組織、
イギリスで言うと、MI5のようなもんでしょうか。
きな臭い世の中ですが、
日本にもCIAを!ってバカじゃね?
どうぞ、数々の拷問に耐えられる人材を育てて下さい。
口だけのねとうよでも引っ張ってきて。

戦争もプロパガンダも裏工作も嫌いだけど、
話としては興味深く、ついつい海外ドラマも、そんなんばっか。
「ホームランド」にはハマってる。

Homeland Season 5


根本的に「アメリカ(ほかも絡んでるだろうけど)の戦略の結果でしょ」
ってトコがないけど。
陰謀論をドラマでは否定してたけど、いや〜…
スパイ工作は「裏」だけど、さらに「裏」があるでしょ、って。

対テロ部隊「SAS」「GSG9」のドラマも見てしまうし、
フツーにロス市警とか、NYPDとか、
潜入捜査官とか、ポリ公モノも好きだし。
DEAD COPS派ですけど。

そんなんだから、司法取引モノの「メジャー・クライムス」も面白いです。
「吹き替え」は間が抜けてて、いやだな。




↓ホームランドみたいに毎回深刻で絶望的じゃなく、
ポジティブでハートフルな「私はラブ・リーガル」
やっぱ邦題がおかしい。
『DROP DEAD Diva/死んでしまえ、神々しい女性型』
が、なぜ私は、『ラブ・リーガル』、
ラブリーガルって何?だ、さ、…ですが、
とにかく「DROP DEAD Diva」は、見ててホッとする。

主人公、弁護士なんで、弁護シーンも「ウマイなあ」って。
抗ガン剤で儲けるため、別な治療法受けてた子の治療を妨害した
薬品大企業相手に勝訴する話とか、
向こうは「抗ガン剤は金儲け」って、それなりに浸透してるんですかね。
脚本がいいなと思う。



定番の「キャッスル」。
ウィットに富んだ会話、センスがいい。
毎回毎話クオリティを保ってるっての凄いなと。




子供の頃は今以上に色んなことにハマってて、
カブトムシのような王道はもちろん、
アリジゴクなどにハマったり、
石を始め、何でもコレクションして、
そこらの土も木も、石も針金も、葉っぱも、
周りのもの全てオモチャにしてた。
↑こーゆーの「ギフテッド」の判断基準に入ってた。

人間関係でも、探究癖は出るので、
「その言葉違和感、裏意識は何?」ってしつこく聞きたくなる。
取り組み以前に。

でも、ほとんどの人が嫌がって止めます。離れます。
ほとんどの人間が、自分の「根本の問題」を見たがらないから、
あまり深く話ができません。

人はさほど自分を深く掘り下げない、
それが「コミュニケーションが難しい」大きな理由。
結局、「浅いところ」で、相手と話を合わせることになるから。


■物事が実際に起こる前に結果を見る事ができる。

「ギフテッドの人は一歩先を見る傾向にある。
 これは何かを読んだり、他人が話をしているのを聞いたり、
 問題を考えたりする時などに起こる。
 未だ起こっていない事がよく見えたりする。 
 ギフテッドの人は多くの一般人が考えもしないような
 様々な可能性を考察する為、
 彼らにとっては結果が明白に見えるのである」


どうだろ。
このまま変わらず行ったら日本は破滅するとかは思うけど。
自分してることの影響とか考えたり。


■他の人達が興味を示すほとんどのものにあまり興味がない。

「他の人達が興味を示すイベントや活動、ニュース、
 読書内容などにそう簡単に没頭出来ない。
 ギフテッドの人達は物事を”深く追求”したがる」


これも全くその通り。
バンドのことでも書いたけど、普通のイベント面白くないです。
学校行事に参加するのも「苦痛」。
テレビも何もかも、中2以降、日本の文化にはノータッチ。

だからマーケティング論も、見え見えの広告戦略も興味ない。
「面白い製品は面白い」し、「面白くない製品は面白くない」だけ。
「面白い人は面白い」し、「面白くない人は面白くない」だけ。

漫画読まなくなったのも、
雑誌や流行の傾向に合わせて狙った「作風」や、
狙った「漫画表現」がハナについてきたから。
狙ってるのが分かると、冷める。

恋愛自体にもそんなに興味はなかった。
ただ孤独だっただけで。

だから年頃の時期に、
周りが、ハートマーク飛ばしてたのに、ついて行けなかった。
彼氏の話ばっかで、つまんなかった。
本当につまんなかった!!!

話せる相手と、深く語る方が楽しかった。
恋愛妄想できる「ライン」が、現実的じゃないし、
私、フルイディティだし。
皆の感覚と共感を分かち合えず、疎外感をえらく感じてた。


■才能がある分野において学ぶのが早い。

「正式な指導や訓練なしでも自然な能力が備わっている傾向がある。
 与えられたものを超えたところが見れる」


に関しては、本格的に習ったのはデッサン6日間のみ、
デッサンの手本を見て「こう描けばいいのか」って、
要領掴んだんで、自分でも内心、アレ?とは思ってた。

筒状の物体を描いたときに、
「パース」を知らなくても、パース取れてて、
「形とれてる」「生まれつきのもの」的に言われた記憶がある。

ベースやってたときも、
うちのギタリストみたいに毎日8時間やった!
なんてことはない、私。

「射撃」は意味不明だが、
「水泳」とか、
スケボーでプロスケーター来てたとき、
「◯回目乗れてるから、上達早い」と言われた。
振り返ったら、結構褒められてた。
自分で不得意だって、かなり色んなことを、
ジャッジしてたのかなと思う。


うちの弟は「頭イイ方のギフテッド」かもしれないと思った。

弟は小さい頃からいつも「頭いい」って言われてた。
親は、弟が「長時間机に座って勉強してる姿を見たことがない」
「ノートもほとんど取ってない」「ゲームばかりしている」
と言ってた。受験生時代に。
一年目医学部で失敗し、滑り止めで慶應受かってたのに、
東大以外行く意味ないって、蹴ったり。
小さい頃、死んだ金魚を土に埋めたら、
「お魚かわいそう」って言って、掘っくり返して、
持って歩いてたりしたから(そんな傾向から解剖や動物実験が嫌だと)、
ちょい敏感なとこはあった。私ほど裏読みしないけど。

弟はピアノをずっとやってて、
未だに何かのイベントで弾いてるようだけど、
私と逆で、美術系は、ことごとくダメ。
しかし学業は「読めば暗記できる」とかで。
反復練習しなくても。
高校の物理教師だった父は、
弟の大学の物理は「分からない」と言ってた。

私は、母から油絵を「何々展に出すから手伝って」と言われる。

母や父は、典型的な優等生だと思う。
父は昔からビッシリ書き尽くし、コツコツ反復練習。
母も趣味で油絵描いてるけど、毎日コツコツ、一日中。
よく出来ると思う。
父も探究熱心だけど、残念なとこはある。
「そこで終わり?」みたいな。

けど、親の方が優れてるのは、きちんと働いて、
多い年金貰ってるとこです。
生真面目に働いたってことです。

才能を腐らせないように、頑張ろうと。
アンダーアチーバーにならないように。
なってたから。(これはまた後で)


■マーベリック(一匹狼)

「ギフテッドの人は一般人と比べ、違った方法でプロセスしたり、
 思考や経験などもあらゆる角度の方向へ
 同時に注意を差し向けたりする事から、
 統一見解の概念を重要視する団体や状況に所属するのが
 困難に思えるかもしれない」


実際、どこの集団にいても(好きなことさえ)落ち着かない。
夢の実現には「人との繋がり」「人との縁」、人間関係が財産だから、
それが障害になってるとも思う。

唯一、埼玉Cとか仲がいい人達と偶然、
「創作ダンス」のグループが一緒になったときは、
自分のアイデアがほぼ通り、作り上げたんで、かなり楽しかった。
音楽まで、当時のダブルラジカセでチマチマ繋ぎ合わせ、
(DJ用の「MTR」あったら、楽しかっただろうに)
自分が踊れる・踊れないっての棚に上げて、
もうこう踊りたいってのつぎ込んで、
トータルして創り上げられたから。
それで「アンコール」、充実感ですね。


■多方面に渡るスキルと興味関心

「全てのギフテッドの人がそうだというわけではないが、
 多くの者が一つの分野だけではなく、
 複数の分野にわたって優れた才能(ギフト)を持っている。
 そういった場合、どの分野にエネルギーをフォーカスしたり、
 優先付けをするかが困難に感じる場合がある。 

 それが数学や対人関係スキル、音楽、環境、芸術、
 そして癒しなどといったどの分野であろうと、
 彼らはそれらの分野自体の根本を見る事ができる。 
 一般人が、それらの分野の”表明”のレベルに留まっている一方、
 ギフテッドの人は形式や形以前のレベルに反応している」


これもね。
ずっと自分は「絵」に一番才能があると思ってたけど、
細かく、どのジャンルってのも迷ったし、

前の会社で「写真が上手い」と言われ、撮影も行ったけど、
写真は、絵を描けるって才能に付随してるから。
写真家が皆、絵を描けるわけではないけど、逆は成り立つ。
構図バランスが分かる。
画面見た瞬間「ここ」って、瞬間的に思う。
でも専門じゃない。

動画編集も楽しくて、
Mがもし店をやれるんだったら、
youtubeに店用動画上げるんだけどなあ、とか、
ちょっとした宣伝動画作れるなとも思うけど、
動画編集のプロはたくさんいるし。

音楽は、得意じゃないと思ってたけど、
こっちも才能あったんだなと気づき。
「趣味」とは違うと思うけど、
一般的に言えば「趣味」だろう、収入ないゆえに。
自己表現は、最大限にできる可能性アリ。

文章も上手いとは思わないが、
書きたいことが自分の興味オンリーなのに、多々あって困る。
「魂の目的カード」で「作家」なんて出たものの、
何をどう書いたらいいやらね。

芸術関係は多分、
何をやっても普通以上のもんを作る自信はあるんだけど、
どこを極めるか、って絞れなかった。
昔から、絞れなかった。
並み以上に出来るってのもあったし、あれもこれもと移り気で。
しかも生きてく以上、「経済」「仕事」が関わってくるから。
それでさらに、混乱。


■世界や問題に対して一般とは違ったアプローチの仕方をする。

「他の人が気にもしないような事が気になってしまう」

「気にし過ぎだよ。普通は気にしないよ」
と言われたことは多々あるけど。


■他の人が気がつく前に、問題や問題点などが見える。 

「処置や活動が実行される前に、その選択による結果が見える。
 他の人が気がつかないような事も気がつく。
 一般人にとっては何も関連性がないと思えるような概念であっても、
 ギフテッドの人はそれらの間につながりを見いだすことが出来る。
 個人や企業の行動がもたらす結果を、
 他の人より何十年も前に予測する事ができたりする」


被るけど…
プライドで跳ね返し続ければどうなるか、
今のままの大量消費を続ければどうなるか、
多少考えれば、分かることだとは思うけど。

物事をトータルに理解するって、
色んな角度から見ていくけど、
「1つの例だけ言えば分かる」「1回言えば分かる」
ってMよく言ってたけど、理解が浅いんだと思うよ。
深めてないでしょ、そこまで。
簡単にわかったことにしない方がいいと思う。
浅いところで、すぐ、分かったって言う。

「Sちゃんは相手を信頼してないから、しつこく言うんだ」
って言ってたけど、だから違うんだよ。
あなたの見てない部分の関連性で言ってるんだよ。
世界は森羅万象って言うだろが。

そんな簡単に理解できる世界なら、
人類はとっくにアセンションしてる。
それこそ、分かりきったことだよね。


■多くの人にとって存在もしない分野でのギフテッドであるかもしれない。

「治療者や芸術家、そして科学者などの場合、自分の思考や経験、
 又は研究中の題材において、適切な”語彙”が存在しないかもしれない」


なきにしも。
「仕事」としてとらえるなら、
既存のジャンルには、自分が活躍できる「場」がないと思ってる。

私の持ってる資質と合わないから、妥協してる。
新たなジャンルを作ればいいのか?
「新たなものを開拓」するほど難しいことはない。
何にしろ、生きづらい。
どーしたもんかな。


■その他、ギフテッドの人達を表現する言葉

「賢すぎる、(スマート過ぎる)絶望感、カルチャーからの疎外、
 真性な存在、意味のある人生、批判的な内面の声、
 意欲的、衝動に駆られた」


「ギフテッドという傾向は、茨の道をあえて選びます」
「前人未踏の地だからチャレンジしたい」

私ツーリングになると、そう思うもんなぁ。

「前人未踏のことに挑戦して、記録を作ることが目的ではないのです」
うん、そう。
「それを達成することで、人に希望を与えたい、
 どんな時にも希望を捨ててはいけないということを伝えたいと、
 ◯◯さんは言います」

ああ、分かる。
私は「カタリスト」になりたい。
「触媒」「促進の働きをするもの」「相手に刺激を与える人」
「性別も年齢も越えてやりたいことをやればいい、
 何やったってOKなんだ」という、
そんなロールモデルになりたいと思う。

「ギフテッドの人は、自然を愛する傾向なので、
 人工的な力を加えた状態よりも、厳しくても自然の状態、
 命のギリギリまで、自然に添った生き方を好むのです」
「それが命取りにも」


私はバイク旅が、そんなに過酷だとは思わないけど、
汗で塩吹いたって、山登ったって、600km走ったって、
台風に突っ込んで2時間走ろうと、
未踏の地を冒険したいんですね。
雪の中、水風呂と化した「野湯」に入る自分罰ゲームのような体験も、
そこに「野湯」があるのなら。

日本は狭いと思う。
やろうと思えば、ここから九州まで、
その日のうちに行けちゃうから。
アメリカ大陸みたいな広い地を走りたいと思う。

意味ある人生を送りたい。
だけど、どこで何で活動・活躍する?
カルチャーからの疎外。まさしく。
私は私、I AM I.

「私は長く見てるから、まだ理解出来るけど、
 あなたを1年や2年で理解は出来ない」というM。
誰でもそうだろうけど。
「他人がSちゃんの人格を見て言ってることが、
 全然違うなと思うときあるもの」

ギフテッド・続く。
スポンサーサイト

 ギフテッド・タレンテッド