FC2ブログ

Welcome to my blog

Hello, I am an admin of this site.
I've been expecting you.
I'm so glad that I met you xoxo.

We Will Rise OE/HSPな日々

30
2018  18:40:00

その後&食と体と動物愛護/本当に自分を愛してるのか?

まず祖母の話から。

『あと10日ぐらい』『8月いっぱい持たないだろう…』
と医者に言われた祖母が、
(人の寿命まで断言してしまう現代医学の常識)
少し良くなり、一般病室に移った。

病院3
お見舞い帰りに撮影。祖母は隣の市の総合病院に入院してる。
K市のご当地キャラ。


おばあちゃんは重篤な状態だった。

房室ブロックで、
腎臓や脳へ血が行かない状態で、
多臓器不全に陥り、腎不全も起こし、

仮にペースメーカー手術をして助かったとしても
透析は受けなければならないし、寝たきり状態、
医者からは人道的に手術はしたくない、と言われていた。

それが奇跡的に、
18日あたりに数値が正常に戻ったという。
呼吸も自発的にできるようになって、
腎不全で透析がナンチャラって言われた腎臓も
正常値に戻ったという。

それで医者も驚いてたらしいけど、
母も「おばあちゃんは体が丈夫だからだろう。
腎臓とかどこか体に悪いとこある人だったら
回復はしなかったんじゃないか」と。

Mも「おばあちゃんの魂自体は元気なんだってば!」
と言ってたけど。

医師は脳へのダメージが心配だと言ってたらしいが、
名前や生年月日は言えると言ってたし、
意識はICUにいたときからずっとあった。

見舞いに言って話しかけ、
名乗ったら「よく来たこと…」と。
「何だかわけが分からない」とも言ってたから、
記憶が不鮮明で、モヤっとしてるんだろうと思う。

話しかけると、うん、うん、とは言ってたけど、
やはり苦しそうだったし、疲れさせるかなと思い、
長居はしなかった。

ベッドに横たわり衰弱した体を見ると切ない。
どこまで把握できてるかも分からない。

いずれにしろ、
ペースメーカー入れないことには…という話で、
でも98歳という高齢だから何とも言えず、
叔父は手術できるならすると言ってたけど…

とにかく今はおばあちゃんの様子を見てる感じ。
回復を待つしか。
思いは複雑だ。

私はお盆明けに連休を取って、
サクッと栃木、茨城方面にツーリング行って来たんだけど、
おばあちゃんが持ち直した18日ってのは、
私が茨城県笠間市の笠間稲荷神社に行った日だった。

やはりおばあちゃんのことは頭を離れず、
栃木の秘湯「北温泉」では、
山の中を元気に歩いて、
孫と一緒に温泉入りに来たおばあちゃんを見て涙したし…

祖母温泉
駐車場からちょい歩く、栃木・那須の秘湯「北温泉」で。

途中で寄った神社仏閣(日光二荒山神社、東照宮、輪王寺、笠間稲荷神社)で、
祖母にとっても周りにもっても良い結果になるように…
と祈ってた。

まあ、ツーリング行く前から、
高次元の方々に頼みまくってたんだけど…

それで、ツーリング最終日、帰りの高速道SAで、
おばあちゃんが良くなったらしいってメールが母から来たので、
そーゆー力も働いたのかとも思ったので、、、
感謝した、と。

カードで聞いてみたら、
(祖母のことで力を貸してくれたかどうか的な)
笠間稲荷神社→BIG HAPPY CHANGE
二荒山神社→YES!
東照宮→NO


IMG_7171.jpeg

二荒山神社の高次な方はヘルプしてくれたらしい。
まあ東照宮は徳川家康だし当然と言えば当然だが、
笠間稲荷神社では、凶が3回も出て怒られた。
まあそれで反省もしたんできっと「BIG HAPPY CHANGE」なんだろう。

笠間
笠間稲荷神社。スピ的に有名らしい。

今回、祖母のことがあったので、
ツーリングに行こうか迷ってた。

カードのガイダンスでは、
「天使に相談しろ」とか、
「ポジティブを保ち続けなさい」とか、
「BIG HAPPY CHANGE」というカードが何回も出てたんで、
祖母の容態とは裏腹に、
なぜポジなカードが出るのかとは思ってたけど。

医者は「人と会う方がいい」的なことを言ってたようだけど、
カードでも祖母には「喜び」や「楽しみ」が「良い」と。

家庭内の諸々もあるし、
祖母は耳がかなり遠くなってから
コミュニケーションがうまく取れなかったので…

体の中心、愛のセンターであるハートに問題が出る、というのが、
まあ、スピ的に言えば理由はあるんだけど。

とにかく、
「死を待つしかない」みたいに言われ、
親族全員諦めてたのに復活したのは奇跡的だし、

それは祖母の体の丈夫さや、
M曰く「魂は元気」だったり、
今すぐ帰らなくてもいいってことだったり、
色々あるんだろうけど。

おばあちゃんが発作を起こす前の
先月見た夢の詳細を書いてた↓んで改めて載せる。
後から読めば読むほど意味深だった。

祖母の家の離れ?が、
見晴らし良い場所に移築されてた。
眼下に町が見渡せるような場所。
天気が良く、桜の花?木もあり、気持ち良い。
移築された家には、自分が書いたもの(子供の頃の落書き的な)が残ってる。
書かれてる内容的には高校時代あたりのメンタルだが。

おばあちゃんに、移築したこの家は
元々どこに建ってた棟なのか聞いたけどよく分からない。
ずっと飼ってた(らしい)ライオン、トラがまだ生きてて、
私は連れて歩いてる。
老体なので途中で疲れて倒れた。
すごく大きなライオントラで、私をすっぽり包めるほどだが、
息が上がって横になってる。
近所の人?が集まり、C(叔父)を呼んできた。


弱った大きな虎は「おばあちゃんの象徴」だというのは、
夢を見た直後に分かってたから、
『おばあちゃんは結構弱ってるのかな』と思ってたら、
1度目の発作を起こし、

一旦は帰ってきたものの、
2度目の発作でさらに深刻になり、
命に関わる事態になった。

とても大きな虎、というのは、
私にとって祖母がそのぐらい大きい存在だったってことを
表してるのかなとも思ったけど、

今思うに、Mの「遠隔」通り、
『体は弱っているのに魂は元気』ってことを表してるのかも、とも。
分かんないけど。

夢で横たわって息が絶え絶えだった虎の姿が、
ベッドに横たわる祖母の様子とそっくりだと
お見舞いに行って思ったが、

実際の祖母の体は大きくはなく、
痩せ細って小さかった。

病院
キャラは「ねじりほんにょ」らしいがマニアックすぎる。
イケメンネタのお笑い芸人の出身地。


祖母の一件で、祖母と暮らした幼い日の思い出を
フラッシュバック的に反芻してたんだけど、

父母に引き取られてから、
転校先で「野生児」などと言われたのは
確実に祖母宅で育ったからで、

それでうちの親は「しつけが云々」て言って、
私がとんでもない人間になるのを怖れたのか、
私をコントロールしようと散々干渉したが、

自然で暮らすって大切。
やはり人間それが基本。

今年の猛暑はさすがにクーラーで涼んだけど、
相変わらずうちにクーラーはないし、
基本的に気持ち悪い。

汗かきたくない!暑いのイヤ!!とも思わない。
夏は暑くて当たり前、汗かいて当たり前って感覚だから、
すぐクーラーつけたがるの、堪え性ないなって思う。

そういう感覚は、子供の頃、
自然の中で散々遊びまくったからじゃないかと思う。
過度激動ゆえ、汚れまくって遊びまくった。

炎天下の中で遊び回っても
熱中症になんかならなかったのは、
食生活や環境のおかげか。

自然では、木々を吹き抜ける風は涼しく、
クールダウンできるけど、
コンクリートだらけな環境はヒートアップしかせず、
エアコンでますます気温上昇の悪循環。
冬は冬で冷え切って寒い。

いつもクーラーの中にいるから、
少しばかり暑くても耐えられないし、
体温調整がうまく働かず熱中症を起こす。

コンクリートに囲まれた環境は、
体も心も弱くなるから、
自然から教えられたことは大きかったなと思う。

温泉プール
北温泉の温泉プールでは1人でマジ泳ぎしてたけど。

どんなに落ちても苦しくても、
100%絶望しなかったのは、
世界はそれだけじゃないって知ってたからだ。

っていうか、私のOE(過度激動)性質上、
追い詰まってDEAD END絶望って状況は死ぬほどあったけど、
美しく素晴らしい世界も知ってたから、
全てを諦めなかったというか。

基本である「食」の現状あまりの酷さに
食について書かずにはいられないが、
祖母との思い出は「食」の話にもなる。

つくづく思うけど、
みんな本当に自分を愛してるんだろうか?

愛とは「知ろうとすること」だけど、
普段自分が食べている物が何で作られ、
どういう過程で出来上がっているのか、
愛をもって知ろうとしなければ。

私は調べまくって、破壊的な食べ物をやめた。
自分のために。
まあ、それが結局は世界のためにもなるんだが。

ハナから知ろうとしなかったり、
悪いと思っても変えようとしないのは、

面倒くさいから変えたくないとか、
都合のいいことだけ信じたいとか、
そーゆー裏意識もあるんだろうけど、

まあ普通は「裏側」を知らないわけで、
一般大衆は知らないまま、
頭いい「上」の人間が勝手にやりたい放題なのは
フェアじゃない。

料理1
夏野菜の全粒粉パスタ。

私の食の基本は祖母の料理だ。
今は「ベジタリアン」になり、
肉を見るのも、触るのもイヤになった。

血を抜いてスライスし、いくら綺麗に見せようと、
大量に流れた血の事実は消せない。


肉の見た目も、匂いも、イヤだ。
だから食肉コーナーには行かない。
自然食品店の「有機肉コーナー」であっても近寄らない。

糖質オフを実践してる父が有機肉を買い込んでるが、
冷蔵庫にある鶏肉を見ると気分が悪くなる。
見るに耐えない。

苦しみの果てに殺された命を
もう無視できなくなった。


でも他人のライフスタイルに口出しはしない。
何を食べ、どう生きようがその人の勝手だ。

ただ私は食肉は殺人だと思ってるし、
動物の死体は人間の死体と同じと思う。

別にカッコつけるわけじゃなく、
肉しか食べるものがなくて死ぬとなっても、
私は死ぬ方を選ぶ。

私のフェイバリットHCバンドの1つ↓
SxEに菜食を持って来たバンド。



“二度としない”
肉を食べる・食肉・食べること それについて考える
我々はこの犯罪にとても無神経に身を任せている
常に同情なしでガツガツ食べている
なんて利己的で 冷淡で 
ツラの皮の厚い無神経な社会なんだろう

だから もうしない
ただ自分のために外を見て
価格を支払ったものが他の者の命であるとき
もう嫌だ 二度としない
俺は参加しない
もうしない もうしない もうしない!

俺達は力を持っている 強い力を持っている
目の前にあるものを何でも取るために
悩みさえしない それは不公平な戦いだ
俺達は何が正しいかを自分に教えるハートを持っている
俺達の数は88の2倍になる
なぜなら人々は教育し始めている
自分自身や彼らの友人や家族に
そして俺達はより意識的な社会を持つ


この歌詞がすごく分かる。
「意識的な社会」私もそれが理想。

不誠実で利己的なシステムには我慢できない。
そんな個人の心にも、死ぬほどブロークン・ハートした。
今もしてる。

自分の自己表現は喜び、
今1番それができるのはバンドだけど、
そういう個人的な喜びとは別に、
「意識的な社会にしたい」って思いも私は強く持ってる。

それは「自分を改革する」ことでしか実現できないから、
私は自分の心の裏側まで探り、
自分の内面やライフスタイルを変える試みをしてる。

他人に腹を立ててる人って、
他人に期待したり、他人を思い通りに動かしたいだけだから、
いちいち「言い方」で腹を立てられるのも、
今度は何に引っかかったんですか?って思うし、
人の持つプライドって最悪に性悪なんで、

でもそれを普通は「自覚」できてないから困るわけで、
だから「自分の裏側」を探るんだよ。
人のせいにせずに。
自分の人生は誰のせいにも出来ない。

究極の私の夢は多分、
人間が目覚めること。
意識的に生きること。

今の世の中をまともに見てたら許せないことばっかだから、
私らは「団結」して
古く悪しきシステムを変えなきゃないのに、

くだらない個人のプライド丸出しで、
くだらないことで怒り、見下し、競い合い、
団結どころか「分裂」してる現状が、
ホント腹立だしい。

仕事でも、バンドでも、人の精神の未熟さを痛感する。

私も未熟であることに変わりないが、
本当に大切なのは何か考えろっての。
くだらないことでキーってなって、
怒り散らすような人間は大嫌いだ。

料理2

私は、肉食の問題にしろ、
祖母らと自然で暮らした経験がベースになってると思うけど、
別に「ベジタリアン」として育ったわけじゃない。

おばあちゃんは子供の私に、
カレーライスやオムレツを作ってくれたし、
筑前煮に鶏肉が入ることもあった。

私は、両親に引き取られてから食生活が激変し、
添加物だらけ、冷食だらけになり、
天然で新鮮な素材あってこそ美味しい和食系は
ことごとく不味くて嫌いになり、
ハンバーグぐらいしか食べられなかった。

売ってる野菜は不味いし、
脂身は嫌いだったけど、
20代になれば友達と焼き肉屋に行き、
カエルやイノシシ等珍肉も食べ、
色んな動物の肉を食べたい!と(いつもの好奇心が嵩じて)
思ってたのだ。

しかしそこまで、
肉、肉、肉!肉うめー、肉食いてー!!とはならなかった。
(肉うめー肉くいてー人は闘争と汚染の果てに
 滅びゆく地球のタイムラインにいるという話もある)

肉がなくても、物足りないとは思わなかった。
身近にマトモな食べる物がなかっただけで。

モツだとかホルモンだとか焼鳥だとかにに行きたがる人多いけど、
それらは元々好きじゃないし、
今となっては、どんだけ肉中毒??脂中毒???って呆れる。

ナショナリズム・パトリオット流行りなクセに
日本人魂はどこへやら、
戦後の牛乳神話さながらに、
「毎日肉を食べましょう」と医者も誰もかれも勧めてくる世の中、
だからナショナリズムも偽善。
たいした信念もないくせに軽い奴ら、軽蔑するわ。

賛同者とつるんで安心しきって。
私は賛同者なんてほとんどいないわ。
「人はそれぞれ価値観が違うからね」なんてゴマカされて。

個性を尊重してるなら、
私に皆と同じこと、画一的にやることを望まないだろ?
都合いいときだけ「人それぞれ」なんて言う。

猫
北温泉の猫。CATS AND DOGSってアニマルライツな歌同様、
私はペットと家畜をもう分けては見ないです。偽善は嫌。


そんなわけで私は幼少時から
ベジタリアンな食事だったわけではないけど、

肉がごちそうって感覚はない。
肉なきゃ料理できないって感覚もない。

味噌汁をかけた麦ごはんの猫まんまが最高だと思ってた、
里芋の煮物や、シャケの塩びきのお湯がけご飯に
喜んでたような子供でしたので。

Mはお母さんが買ってきてくれた鳥の唐揚げに執着があり、
(幸せな記憶とリンクしてる)
今も子供人格は騒ぐようだけど、
私はせいぜいどこかにお出かけするときに
祖母の握ったオニギリと卵焼きですね。

でも誰が作ってもあの味にはならず、
今となっては幻の味となってしまったんだけど。

昔は友人を祖母宅に連れてって、
牧場にステーキを食べに行ったりもしたが、
祖母を誘っても
「若い人は肉が好きだけど、私はあまり好きじゃないから」
と言って来なかった。

田舎の和食スタイルでの、
身土不二かつ旬の物(有機・自然栽培昔は当たり前)を
素朴に美味しいと食べ、

未だに携帯の電波の入らない家で、
(外の道まで降りると入る)
日記書いたり数独解いたりしつつ、
長年過ごしてた祖母は、

多臓器不全で後10日ぐらいだろう、と言われたのに、
人工呼吸器付けただけで、全ての数値が正常に戻った。

マクロビオティックの「理論」だけ先行して、
何か大切なものが欠けてる人が多いと感じてたのも、
子どもの頃の経験からだと思う。

麦ご飯と味噌汁に、
畑で採れた季節折々の素材の料理が1、2品、
魚は食べるというスタイルが当たり前だったから、

現代の糖質中毒を生み出してる、「ラーメンにご飯」だとか、
要は化学調味料や砂糖、油、カフェインなど、
「中毒性の高い物質」をガンガン入れて、
リピーターにさせる飲食業界のビジネスモデルが
おかしいと思えた。

出汁は煮干しで取り、
だしの素など使わなかったから、
一からダシを取らないと美味しいと感じない。

だから化学調味料の味が嫌いだ。

魚は食べてたけど、
シャケの塩びきか、カツオの生姜煮の2種類のみ。

カツオ節は、石みたいに硬い丸ごとカツオを、
カツオ節削り器で削ってたので、
母が買ってたパック入りのカツオ節が不味かった。

猫2
どうして殺せる?

他に動物性と言えば、
シジミの味噌汁も祖母はよく作ってた。
アサリではなくシジミ。
たまにドジョウも食べさせられた。

祖母宅は、海から距離があり、
日本で何番目かに長い河川が流れていて、
天然ウナギも未だに獲れる。
だから海モノより、川モノが多かったと思う。
そのせいか、私は海の魚より川魚の方が好きだった。

確かマクロビでは、
海魚より川魚、大きい魚より小さい魚の方を勧めてるけど
(基本的に動物性は勧めないが、体が小さい方が汚染度が少ない、
 一物全体の法則等の理由から)

だからそれも私的には違和感なかった。

日本人にメジャー人気な魚が「マグロ」ってのは、
大人になってから知ったのだ。

沼津出身で父が船乗りだったMはマグロ好きで、
ベジになる前は、海鮮丼や寿司などをよく食べてた。

私とMは性格が正反対だが、味の好みも真逆で被らない。

私がこだわってた夏の味覚トウモロコシや、
秋の栗ご飯、春の藤の花の天ぷらなどは、
Mにとっては逆に、何がそこまで美味しいの?
って感じらしい。

三つ子の魂百までというか、
まあ味覚も変わるんだけど、
幼い頃のインプットはそれだけ強烈ってこと。

チャボを飼ってたので、
そのチャボが生んだ卵やら
近所のニワトリが生んだのを貰ったりして食べてたが、
自然放牧飼いも、当たり前でしたのでね…

cyabo1.jpg
まさにこのタイプのチャボ。

日本のニワトリの飼育環境は「遅れてる」という。
つまり虐待はなはだしい。

バタリーケージで何段にも積み重ね、
太陽にも当てないどころか、

DUTdoonU0AIJYEt.jpg

光をつけたり消したりして生理を狂わせたり、
栄養不足にさせ強制換羽させて、
死ぬまで卵を多く産ませ続ける。

c9c7d2.jpg
強制換羽で死亡。

薬品やホルモン剤飲ませて肉鳥に仕立てるよーな
非道な行いを私は無視できない。

animalhusbandry-animalwelfare3.jpg

昔飼ってたチャボは、
朝、鶏小屋の戸を開けてあげると外に出て、
夕方には自分から帰って来て鶏小屋に入ってたから、
扉を閉めてあげるだけだった。

一日中庭を散歩して土や草を突いてた。
ハコベが好きでしたね。

私は可愛がってたチャボの卵を頂いてたけど、
今は平飼い・自然卵なんてほとんどない。

号泣した動画再び↓



私は動物虐殺や虐待には加担したくないんだ。

鶏肉だろうとハムだろうと、
私は関わりたくない!

肉食べないって言うと、
「鶏肉は?」って言われたり、
ハムならOKって感じで出されたりするけど、
(宿とかで)
肉だろ???

それぐらい動物に対して、
人は同じ命とは思ってないし、
殺してるって自覚がない。


アーユルヴェーダのマスターや、
アーティストや、スピ・リーダーが
食肉をやめなければ殺人も戦争もなくならないって言ってるけど、
私もそれが真実だと思う。

でも世の中は急には変わらない。
人の意識は急には変わらないし、
都合の悪い「裏の真実」は徹底的に隠されてるからだ。

だから私は他人に強制はしない。
肉をまだ食べたい人に向かって「これが真実だ」と、
アウシュビッツさながらの屠殺場を見せようとも思わない。

「肉食べても大丈夫だから」
「感謝して食べりゃいいじゃん」
「健康に良くないよ」…
何度言われたか。

私がお前に「菜食になれ」って1度でも言ったか?
お前の思ってるところと私の感じてるところが、
全然違うんだよ。

会話できてるようで噛み合ってない状態だけど、
そんな心ないことを言われても、
命に対してすごく愛のない言葉だと思ってても、

相手がそれを「望まない」なら、私はあえて言わない。
「真実を伝えること」が余計なお世話な人も多いし。

まあそれでも「真実」は伝えたいとは思うけどね。
お上に従ってたら損するのは自分だから。

とりあえず、私は強く主張はしないけど、
少しは分かってほしいと思う。
こんなことに加担したくない。

野菜もそうだが、
全てにおいて愛のない生産工程で出来上がってる
現代のライフスタイル。
大量消費社会。

私が間違っているのなら、いくらでも訂正するが、
こういう私の信念は間違ってるとは思えないから、

誰に強制されようと、
生活や命が脅かされたとしても、
自分の信念を曲げることこそ耐えがたい苦痛。

私にとって肉食は過去のこと。
知ってしまったら、進んでしまったら、
もう未熟だった時代に逆戻りはできない。

三つ子の魂百まで、で、
自然と暮らした素朴な生活だけじゃなく、
思春期にはこーゆースピリットにも影響されてるので↓
愚直すぎてホント、おバカなことも言ってたけど、



inyur.jpg

未熟な信念が危険なのは重々承知。
自分自身、未熟さゆえ恥ずかしいことを平気でしてきた。
それで他人も自分も傷つけた。

周りを見てても、
誤った信念で破壊的なことをしてる人は数多い。
重病を患ってもなお「未熟な信念」で強がる人もいる。

今の私は少なくとも「命」に関しては、
他人から何を言われても、
自分の信念が間違ってるとは思わない。

そのことで人や仕事を失うことになっても、
私は自分が正しいと思うことをする。

見えなかったものが見えてくると、そうなる。
それだけ感じてきたと思うし。

子どもの頃から「人のせい」という感覚が薄く、
皆「誰々ちゃんが悪い」って言ってるのが、
理解できず、苦しかった。

「忘れること」「見ないフリ」もできなかった。
その分、目をそらせずに、苦しんだと思う。
自負できるのはそれだけ。

自分の中の闇を見れる人は
社会の闇も見れるし、
人間「苦しみ」は必要なんだ。

闇と向き合うからこそ、
「変えなければ」と思う。
それが現実と向き合うってことだと思う。

「現実的に」ってのは、
今の社会のイカれた価値観に従うことじゃない。

私はスピリチュアルな人間であると思うけど、
一般的に思われてるようなスピリチュアルが偽善だと思うのも、
ネガ面をスルーして、ポジティブ思考だけを賛美するからだ。

ネガを知らないから、
殺戮に間接的に加担していることも自覚せず。

「成功哲学」流行りで、
引き寄せ・豊かさの法則系、
ザ・シークレットみたいなの人気だけど、

ポジ思考オンリーな自己啓発界の裏側を暴露してた
コンサルタントの人がいて、
ホントその通りって思った。

そのこともいつか書こうと思うけど、

人格統合「アースカレッジ」のスクショを貼り付けときます↓
前にも貼ったけど。

20170607192117a73_20180830105910e43.jpg

ちなみに、祖母はほとんど「煮る」料理で、
「炒め物」をしなかったけど、
今まさしく有害だなんだお騒がれてる「AGEs」
高温で熱することによって生じる
有害な「糖化物質」も少なかったんだなと思う。

戦後のアメリカ戦略で健康にいいと日本人に吹き込んだ牛乳。

祖母宅の近所に牛を飼ってた牛乳屋があったんで、
そこから時々配達してもらってたが、
だからノンホモ。よく固まってた。

が、そもそも祖母世代は牛乳を飲む習慣がない。
私はもちろん給食で強制的に毎日飲まされてたけど、
家でまで飲むほど好きじゃなかったのは、
やはり普段飲み慣れてなかったからだろう。

うちの母は乳糖不耐性らしく、
牛乳飲むと腹痛くなるらしいが、
それでも明◯から毎日取って無理に飲もうとしてるのを見ると、
「牛乳は健康にいい神話」って、かなり強力なんだなと思う。

しかし。

きゅうり
自然栽培で育てたキュウリ貰ったので。
白い粉吹いててボツボツしてる昔キュウリが好き。


私は祖母に「キュウリの塩もみ」をオヤツとしてもらってたよーな
健康的な子供ではあったけど、
その後の生活が散々で、現代に思いっきり汚染され、

個食だ何だと言われる前から個食だったし、
菓子しか食ってない時期あったし、
まあ悪い薬物も色々…そしてどこそこやられたんで、
祖母の健康体には敵いません。
積み重ねが違う。

いくら筋トレして、
HMBやBCAA、クレアチン、プロテインなど飲んで
美しく体を鍛えようが、
(私は最近軽く筋トレしてる)
現代人の体は汚染度MAXで脆いんじゃないすかね。

まあ宇宙存在バシャールの言うように、
そのうち炭水化物なカーボン体から
ケイ素メインなクリスタル体に変化し、
第何世代ハイブリッドに変化するんでしょーけど、

その前にデトックスしなけりゃ、
汚染度MAXで死に絶えるわ。

今はヴィーガンに移行中なベジタリアン生活なので、
ホント、普通の食事してる人からは、
「何食べてるの?」とか「食べるものないよね」と言われるけど、
私は今の方が自然なんです。
祖母宅で暮らしてたときの食生活に近いから。

スーパーやコンビニ、ファストフードって本当に心が荒む。
皆それが当たり前で、荒んでる自覚ないけど。

私は散々荒んだ。
料理嫌いな母だったから、食卓の愛のなさには、
本気で泣いた。

子供会で、
フツーに子供たちに「マックのチケット」を配ってたけど、
愕然とした。

この曲を捧げる。
多国籍死バーガー企業ロナルド・マクドナルド↓



数百万人が飢えて、ロナルドは笑う
そして利益は永遠に増加する
お前の悪臭の放屁は、奴らのスマイルのようだ
奴らは喜ばせてあげると言う
プラスチック椅子と偽りの握手で
すべて悪徳社会を助けるために
奴らの嘘でお前の子供達を汚染する
そしてお前の心を破壊しようとする

死のハンバーガー会社、ロナルド・マクドナルド
死のハンバーガー会社、ロナルド・マクドナルド

お前の5ドルから変えろ
足首は血に深く染まる それをお前の経歴としろ
毎年、数10億を売る
黄金のアーチとロナルドの微笑

ロナルドは数10億人が飢えて
利益が永遠に増加すると笑って言う
牛にお前のすべての穀物を与え
死んだ子供たちは安らかに眠る
腐敗している人間の悪臭
まるで魚ヒレのような匂い
お前のサインは、言及することを怠る
50,000飢える今日

牛のための拷問キャンプ
屠殺と飢餓は死の企業から

お前はキリスト教徒だと言うが偽者だ
収賄をもらい、飢える子供達を犠牲にし
今日の破壊に貢献する多国籍企業


栄養もなく、心を満たす愛もない。
命の大量虐殺と自然破壊で作られる。
人を中毒にさせ、成り立つ飲食ビジネス。
だから子供らが弱く、荒んでいくんだよ…

世の中にも他人にも無関心で。

食肉はすでに「生きるため」じゃない。
「感謝して食えばいいんすよ」なんて何回も言われたが、
お前全然感謝してないだろ。
必要以上にうめーうめーって過食してるくせに、
口だけ「感謝」なんて言って、
それこそ偽善だよ。

いくら食べても満足しない人類の食欲を満たすだけ、
リピーター増やして儲けるだけの
残忍な「食肉ビジネス」なの、今の時代は。

『彼ら(動物たち)は死ぬのだ!』
それが現実だ。



“声なき声”
彼らが死ぬのを見ろ!
彼らは死ぬのだ!


血の雨が我々の世界を覆うに違いない
腐敗と悪臭以外は感じられないはずだ
しかし暗闇に隠され 頭から消去される
あらゆるところに野蛮と虐殺がある
卑劣な倫理、遺物

弱った者の中で最もか弱き者のために
最底辺の声なき者のための私の声
私の拳は罪なき者のために 穢れなき清廉

声なき者の声 声なき者の声
新しい時代の切っ先は我々の揺るがぬ信条だ

何百万もの拷問された動物達に墓はないが
我々のモラルの共同墓地はある
この虐殺(の容認) は私が拒絶する「倫理」だ

ひどく奇怪で不合理な旧態依然とした思考様式だ


取り入れたモノで自分の体や心を作る。
食べ物や身の回りのモノにもはや無頓着ではいられない。

本来「美味しい」と思うもんは、エネルギー高いんだけど、
今は味覚おかしくて嗜好中毒で「美味しい」って言ってる、
ヤク中な世の中。

自然栽培なんて一番地球にダメージがなく、
植物の命を頂くということだけで済むけど、
そうじゃないモノはホント、
個人の健康を損ねる自滅〜
人類絶滅への一歩でしかない。

百均とかもそうだけど、
安くあげるにはカラクリがあって、
大規模工場による自然破壊・汚染や
奴隷労働って問題があり、

それは私の好きなナイキや、
アップル社の製品もそうなんだけど、
私は「感謝すればいい」とは思いません。
どうにかして破壊的な製品を減らして、
最終的にはゼロにしたいと思う。

「感謝すればいい」って何の免罪符?
子供の頃「ごめんで済むなら警察いらない」って言葉流行って、
屁理屈だなって思ってたけど、それ一理あるわ。



"美のない残忍性"
消毒された拷問室
科学的な食肉処理場
彼らの死はお前の進歩の代価
これらの壁が話すことができれば
彼らは悲鳴を上げるだろう

共感はない 尊厳もない
美しさのない残忍性
美しさのない残忍性

古代のレトリック お前の弱い防衛
お前の犠牲者は選択肢がない、声もない
彼らの目を見ろ それはまだ理にかなっているか?
ビニール袋の墓地

共感はない 尊厳もない
美のない残忍性
美のない残忍性

お前が守っている悪の遺産
彼らの血はきれいに洗うことができない
彼らの残酷な運命にお前はふさわしい
お前の夢の中で、お前は彼らの叫び声を聞くだろう

 
「世界的に年間1億を越える動物たちが実験室で殺されている。
 これは1日あたり約274000になる。
 1秒ごとに3頭(匹)だ」
 
「いつの日か 今人間を殺すのが殺人と見なすのと同じように
 動物を殺すことをも殺人と見なす日が訪れるだろう」
 レオナルド・ダ・ヴィンチ


私は肉食も、動物実験にも『NO』です。
私は残虐行為には加担しない。
愛のある、平和に向かう商品を買う。

そんなこんなで。

ライブも決まったし、腱鞘炎は治らないし、
体鍛えようかと思った。

私は祖母宅での生活が基盤の自然派推しだけど、
追及癖が騒ぎ出してですね、

20代の頃も筋トレしてプロテイン飲んだりしてたんで、
(空手やってた頃)
筋トレウンチクはそれなりに知ってます。

最近「腹筋女子」が流行ってるのは良い傾向。
昔は筋肉ムキムキなんてイヤ!と拒む女子が多かったけど、

女子がムキムキになるわけないだろ。

男と女の体は違うっての、
なぜそんな簡単なことが分かんないのか、
女子は筋肉がそもそも細いし、
脂肪つきやすくて当たり前。

しかし「細マッチョ」はやっぱカッコいい。
私は子供時代から筋肉フェチだった。
そこらも「おかしい」って思ってたけど、
本当に小さい頃からシックスパックとか大好きで、
エロス感じてたんでしょーね、
絵にまで描いてたし。
(Mに前世の記憶か?とか言われた)

「シックスパック」までいかなくても、
「アブクラックス」ぐらいは見せたいもんです。

肉食しないと絶対「タンパク質足りない」って言われるけど、
(Mも医者に栄養不足だから肉食えって言われたらしい)
ヴィーガン・プロテイン↓なら買いましたよ。

プロテイン

ローかつオーガニック。
大豆フリーのエンドウ豆と玄米のタンパク質で、
クロレラ、有機発芽チアシード、亜麻仁、有機アマランサス、
有機発芽キノアから、有機発芽アルファルファ、
生有機アシュワガンダ等々、そして30億のプロバイオも入ってる。

スパルタ父やスパルタ小学校の誤った教育のおかげで、
私は腹筋とかある方だと思うけど、
(小学生んとき腹筋やらされた)

IMG_7233_2018083018265980e.jpg
インナーマッスルを鍛える「プランク」も、
初心者は30秒もできないって言うけど、
私はさほどキツくなかったし。何分できるか分かんないけど。


筋肉が綺麗に見えるのは体脂肪率15〜19%、
なかなかそんな女子いないし、
私も体脂肪は平均値であるから、
筋肉見せたいなら体脂肪を落とさなきゃないという、

食べ物は自然栽培かオーガニックがベスト、
無添加で自然のままに、
サプリも本来いらない、
摂るより出す、デトックスが大切!断食最強!
とか言いながら…

それはそれで私の探究心なわけです。

昔空手の道場生の人達は卵の白身をバクバク食べてましたが
タンパク質は動物性だけではない。

ヴィーガン・アスリート↓

ヴィーガン

皆、完全菜食です。
それでこの身体、動物殺す必要ないでしょ。

ヴィーガン女性

まあプロテイン飲んでも、
体の中で一旦アミノ酸に分解されるから、
アミノサプリがいいとか言われるけど、

筋肉に効果的な必須アミノ酸
BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)を摂取すると
筋肉的には効率いいわけで、

さらに「筋肉分解の抑制」や「筋力増強」に効くという
必須アミノ酸「ロイシン」の代謝物
「HMB(βヒドロキシβメチル酪酸)」を摂るのが、
とても効果的だと言われてるわけです。

bcaa.jpg
外国サイズはやはりでかかった。
安いし。


そして瞬発的で高強度の運動機能を向上させてくれる働きのある
「クレアチン」
筋肉つけるにはこれらを一緒に摂取するのが常識だけど、

クレアチンは牛由来であったり、
腎臓機能にどうとかあるので、
筋肉のためにセオリー通り摂取するってわけにもいかないが
「ヴィーガン」用クレアチンもあることはある。

ただヴィーガンなマッチョ・アスリートは
「プロテインすらいらない」って言ってたりするけどね。
穀物で充分だと。

ヴィー

ついでにヴィーガンHCバンド↑↓
私は「菜食」にマッチョなイメージを植え付けたいと思います。
未だに菜食者・動物愛護家を
「もやし」で「神経質」だと勘違いしてる人多いから。

人間が非道なことするから、
ゴリゴリの「戦闘的」なバンドが多いです。

ギャザー

基本「自然」に則ったのが好きな私だけど、
効率良く鍛えたいとは思う。

でも、自然育ちの天然推しだから
私は現代の「効率良く」ってのには反対。

ダイエットや細マッチョなど、
効率良くやった方が、って思うのはあるけど、

何でもかんでも「効率優先」で、
「非効率」を嫌う世の中ってやっぱおかしい。


お前は機械か???

仕事でよく怒られますね。
「効率良く」「時間配分考えて」やれと。

私の生来苦手なことですが、
何のために効率良くやるの?
生き急いでることに気付かない?

現代の経済活動は、大量に物を売り、
大量に消費し、休むことなく回し続けるから効率優先。

それは自分を消費し、心を疲弊させ、感覚は麻痺る、
命を壊す「破壊活動」だよ。

大量消費4

搾取する者は得をするだろーが、
搾取される大半の人間は、
効率という名の下に奴隷労働。

大量消費2
クリスマスを始め、季節イベントの商戦も狂ってる。

私もお世話になったことがある、
米スピリチュアル・ヒーラーは、
現代の女性に女性機能の病気が増えてるのは、
男性性優位の時代に蓄積された
女性としての自己を傷つける
痛み・悲しみ・我慢によって起こってると言い、

某宇宙人は、生殖器が病むということは、
子孫が増えないってことで、
それが人類へのそういう警告だと言うが、

「もっと効率的にやらなきゃ」とかいうのは、
男性性優位の世界において、刷り込まれてきた価値観

だと言う。

男性優位価値観に洗脳され、
自分の女性性を傷つけてまで「効率良く」やる人達。

リンデンバウムの記事にも同じこと書いてあったんでリンク。
幸せになりたいなら、ゆっくりしよう。↓
https://www.lindenbaum-jp.com/spiritual/14459

大量に作り、迅速に運び、即座に効く。
農業の世界も、軍事の世界も、政治の世界も、教育の世界も、
現代世界は、こういった原則を元に仕組みが出来上がっていることを
これまでお話してきました。

これらの原則のおかげで、世の中はたしかに一見、便利になりました。

けれども、迅速・即効・決断の社会は、
人間の自然に対する付き合い方も、
人間の人間に対する付き合い方も、硬直化させてきました。

それは、感性の鈍麻をもたらし、
耕作・施肥行為をする農民や食品を生産する労働者は、
機械や肥料工場の末端のデバイス(装置)となり、
戦争での殺人もベルトコンベヤでの作業のような軽易なものになりつつあります。

こんな世界よりも魅力的な世の中として、どんな世の中がありえるのか。
それは、競争の変わりに、遅効性に満たされた世界であり、
かつ効き目の長いものによって構成される仕組みといってよいでしょう。
毎日の呼吸のリズムに合わせて、ゆっくりと、
技術がお互いの交流の間合いを上手く調整しながら豊かにしていく仕組みです。

こちらから迎えに行くのではなく、
じっくりと「待つ」、生産するのではなく、じっくりと育てる、
一方的ににプロパガンダするのではなく、
じっくり聞いてから話す、
詰め込むのではなく、育つのを見守る。
少なく作り、ゆっくり運び、長く効く。

いまのように、何かに急かされる世界ではなく、
即効性の世界を上手く生かしつつも、
基本的には遅効性によって満たされている世界。
仕込んでおいたものが、いつか、どこかで、
それがたとえその人が死んだあとでも花開く、
驚きと興奮に満ちた世界。

ここの人間の働き方や生き方までも強制的に画一化させる仕組みを、
ゆったりとした、それでいて強靭な仕組みに
徐々に変えていけないでしょうか。


本当に。
私は筋トレやダイエットに効率の良さを求めても、
現代の社会で求める即効性は受け入れられません。

消費、消耗、競争、強迫、そんな即効性。

そんなに急ぐ必要があるのか?
急いだところで何が得られるのか?
何かおかしいと立ち止まって考える人はいないのか?

効率良く動け!と勝手に強迫的になって、
イライラして人に当たるとか、
私ホント嫌なんだけど。

RATTO.jpg
まさしくラットレース。

自然の中で暮らしてた私は、
何のためにそんなに生き急いでるのか理解できない。
仕事にしたって効率じゃねーよ。
強迫したらかえって逆効果だろ。

「作業は早く!ミスはなし!丁寧に!」って、
お前それムチャだろってことを言う会社もあったけど、

矛盾だらけなことを言ってるってことに、
そんな簡単なことに、
どーして気づかないんだろーね。

「早く、丁寧にやれ」
考えれば分かるだろ、無理だよ。


手を抜きゃ早い。
丁寧にやれば時間かかる。

そんな当たり前のことがなぜ分からないのか。
男性優位社会のクズ思考?

クオリティ高めるにはじっくり取り組むしかない。
無駄だとされる時間は、試行錯誤の時間。

お前は機械なのか?
ガソリンで動くのか?
だからジャンクフード好きなのか?
そう思ってた。昔から。

日本ジャンク
ジャンク大国日本。

私の場合、例えば曲を作るとしたら、
1曲作るのに時間と精神的労力使うから、
つい先延ばしにして、
ライブ決まってからやるという悪パターンだけど、

英訳しながら歌詞作って、
同時に歌メロ考えて、
歌詞が出来てもうまく歌が乗らなきゃ書き直す。
歌詞の内容などが気に入らなくても書き直す。

最初に作った歌詞の原型がなくなることも多い。
何度やってもイマイチで、
徹夜してやっても出来上がらないなんてザラ。

色んなパターン考えてやってみて
ダメならやめ、また練り直し、
それを何度も繰り返してる。

だから「効率」は最悪だよ。

何度も皆で音を合わせて、個人的にも練習して、
それでも満足にライブなんてできないし、
音源も満足にできない。

現代のおかしな常識、
「効率良く」やってたら、
満足いくものなんてできないし、
人なんて感動させられない。

世の中全て数学じゃあるまいし。

効率いいもんは、多数の「ニーズ」を満たすかもしれないが、
人の心を打つことはできないんだよ。


大量消費3
大量消費社会の中で命を命とも思わず傲慢になる人間。

しかし現実はこう↓
我々は搾り取られてるだけ。
影で操作し、地球の富を独占してウハウハしてんのは、
我々に毒物を垂れ流し、自分らは有機食材など食って
健康ノウハウも知ってる「賢い」人達です。

大量消費

急がば回れ、
最短で結果を出すというなら、
それ相応の覚悟しなきゃないね。

OE(過度激動)概念で言えば、
OEってジェットコースター並みの感情の起伏等、
あらゆることを過度激動に経験し、
上がったり落ちたり、苦しみもハンパないから、
通常の学びより早く高達成(得意分野では)できるわけで、

「人格統合」も結局、
己の見たくない闇の部分に踏み込み、
自分の意識してない問題と向き合い、
その過程で自分の醜さをイヤと言うほど見なきゃないし、

プライドが暴れようが、どん底に落ちようが、
「統合」目指して取り組みするから、
人として普通より早い成長を望めるわけで、

「最短」てのはハードル高いんですよ。

ハードル高いことは効率良くなんてできるわけない。
失敗と試行錯誤、汗涙泥笑あり。

今の人間ってすんごく「失敗」を怖れるけど、
どんだけ簡単にやりたいと思ってんの?

だからって、
簡単な作業だから早くできるだろうとか、
それもウソ。

タスク作業は効率良く!
なんて無茶苦茶。
だって体は1つしかないんだから、
どんなに急いだって限界あるってのにさ。

そんなに早く!ミスなく!って言うなら
全てオートメーション化した方がいい。
人間に求めるのが無理。

でもって何度も書くけど、
そんなに急いで、何のメリットがあるの?

この大量消費社会で、
急いで急いで、効率上げて、
稼いでも稼いでも吸い取られ、
情報も口にするモノも毒ばかり、

得をするのは全地球人口の1%の特権階級、
身も心もボロボロになって、
病院で管だらけで死にたいか?

「ジャンクフード」ばっか食べてると、
そーゆー人間になるみたいなことを
某宇宙人も言ってたけど、
(早く早くと生き急ぐ。栄養=中身がない)

所詮ジャンク(ゴミ、クズ)
効率良くなんてジャンク思考なんだよ。

ゴミ
我々が吐き出したゴミ。この光景見て何も感じないのか。
自分で始末出来ないくせに垂れ流し。
環境汚染しまくってる無責任さ。


自然に則す、
それが人間らしく、
感受性が豊かになる生活。

効率良く・完璧に・なんて、
矛盾しまくりの奴隷思考に侵されてると、
感覚は麻痺してく。

これからは感受性の時代。
感受性豊かな人間が発展してく。

そうじゃない人間は強迫的に生き、
人を責め、競争しまくり、世界を破壊し、
勝手に自滅しろ。

ゴミ太平洋ベルト
太平洋のゴミベルト、ホント、どんだけ…

ポスト大量消費社会へ。「使い捨て」生活の終わり↓
http://share-life.me/2016/07/07/post-602/

ちなみに、

高次元の方から見たら、
肉体にこだわるのがワカンナイらしいけど、

肉体を持たないゆえ天然ボケしてるとこがあるらしく、
ある人のハイヤーセルフは、
太ってるほど人間て健康なんだと勘違いしてたみたいで、

だからその人は、何をやっても痩せなかったらしく、
ハイヤーセルフに「それは違います」って話して
初めて痩せられたって話を何かで読んだ。

私の場合、そんな勘違いはないようだけど、
筋トレは「効率悪い」って言われました。

オラクルカードによると、
「EMSマシン」とか使った方がいいとか言う。
低周波、高周波な電気当てて筋肉鍛えるってやつです。
まさかあちらの方にそれを推されるとは…

まあいつかは手放す肉体だけど、

実は、祖母の次は、
父に骨髄ガンの疑いが出てきて、
疑いなのかそうなのかわかんないけど、
医者から家族も呼ばれてるらしいんで、
本当に何だか…なんだけど、

私も愛のなさゆえ体に酷い仕打ちをしてきたし、
今もって愛しきれてるわけじゃない。

全ての選択が愛ゆえかどうか…

常日頃から体鍛えてる人も、
本当に自分を愛してるか、
甚だ疑問です。

満たされない思いの代用品として、
欲望のままに何でもかんでも欲しがり、
何も気にせず、消費、消費、消費。

等身大じゃない自己改革・改造は道を誤るが、
「ありのまま」「等身大」といって、
努力もなく今のままの自分でいいってのも大きな勘違い。

愛って難しい。
我々は愛を実践できてない。
だから学んでる。



卵生産のためバタリーケージに入れられ、
病気で両目がふさがり、卵も産まない為、
殺処分寸前だった小春ちゃん↑
保護されて元気になったけど、救われるのはほんの数羽。

スポンサーサイト

 自分のルーツ

0 Comments

Leave a comment